【宿泊記】アリエッタ ホテル&トラットリア 五反田

またまたこちらのホテルに伺いました。五反田のホテルが一番落ち着きますね。

このホテルは先々週に宿泊して以来、お気に入りのホテルになったので、9月末までに途切れ途切れで14泊の予約を入れてあります。。。。多い。。。飽きたらまた別のホテルになる予定ですが。

前回はツインルーム(記事はこちら)でしたが、今回はシングルルームになります。

部屋の鍵はカードキーのように気軽に持ち出しができないように、おもり(コルク栓みたいなやつ)が付いていて、かなり重いです。

チェックインするときに、外出時は鍵を返すように言われます。五反田周辺はそういうホテルが多いかもしれませんw

アリエッタ ホテル&トラットリア

前回はツインルームでしたが、今回はシングルということで結構狭いです。まあ安いビジネスホテルとはコレよりももっと狭いところがありますが、基本的に着替えとPC仕事さえできれば狭くても問題ないですね。

個人的には照明が暗すぎるホテルがたまにあるので、あれは何とかしてほしいと思うのですが。明るくも暗くもできる部屋が使いやすいですね。(蛍光灯が照明というのは雰囲気がなくて嫌ですが)

アリエッタ ホテル&トラットリア

洗面台は独立していて、ビジネスホテルのものとはちょっと雰囲気が違います。タイル張りで鏡も木枠が付いていて良い感じの洗面台ですね。

朝からウチの会社が出しているAWAで音楽を聞きながら身支度をするとおしゃれな感じかも知れないですね。

アリエッタ ホテル&トラットリア

バスタブはこんな感じです。ツインルームの設備と同じように見えるかもしれませんが、ちょっと小さめのバスタブになっています。(バスタブの中で横になれないというだけで足は完全に伸ばせます)

この手のバスルームで気をつけないといけないのが、お湯をいっぱいまで張ると、入った時にお湯が溢れる可能性があるということですね。もちろんバスタブの上部に水抜きの穴が空いているのですが、ゆっくりと入らないと追いつかないと思います。

アリエッタ ホテル&トラットリア

部屋は全体的に古い印象を受けますが、古くなって味が出るようなデザインになっていますので、特に気にならないと思います。

若干外が騒々しいですが、宿泊料金も安くオススメですので、東京に来られることがあればぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次回宿泊時は室外の様子をお届けする予定です。