衝撃の江戸味 – 辨松(べんまつ)のお弁当

今回頂いたのは、歌舞伎座の南西に本店を構える辨松(べんまつ)のお弁当です。

東京では人気のある弁当屋なのでしょうか?

私は初めてこの弁当をいただきまして、この味はブログに投稿せざるを得ないと思い、今回投稿することにしました。

さて、中身はこちら。1,100円の弁当のようです。

辨松 弁当

うちの会社では、同じビルに入っている「東急のれん街」の方々が、会社まで弁当を運んできてくれて、会社の中で売ってくれるので便利でいいです。会社からの補助金を引いて全ての弁当が500円で買えるのが嬉しいところ。

さて、お味の方ですが、、、

左下のおこわ(赤飯)

ちょっと乾燥しかけていて結構固かったのですが、これがまた経木の弁当箱に水分を吸い取られた”おこわ”と同じ感じがして僕は好きでした。味は普通の赤飯です。

左上の蒲鉾類

1,000円の弁当なのに「蒲鉾」と「チーズin蒲鉾」が添えてあり、これがまたチープさを醸し出しているのがいいところですね。少し高い弁当なのに気高く止まらず落ち着いて食べられます。

私の場合、正月くらいにしか蒲鉾を食べないので、逆に新鮮な感じがして良かったです。

玉子焼きは若干甘目で、美味しくいただきました。栗きんとんも無難に美味しいです。

右下の煮物

おそらく、この弁当のメインがこの右下の煮物だと思いました。強烈に甘い(甘辛いの甘いが強い)味付けで、関西出身の私としてはあまりの濃い味付けの煮物に腰を抜かしそうになりました。

醤油の香りと、砂糖の甘味と、煮付けた素材の味、それが口の中に広がった瞬間に、江戸の町人になったような気分になりましたw

確かに洗練されていない田舎っぽい味付けなのですが、田舎であればもっと遠慮した味になるのでは無いでしょうか。味付けの濃さで勝負しているようなところに江戸っ子の心意気のようなものが感じられました

右上の焼き物

焼き物は美味しいのですが、あまりに普通すぎる味でコメントのしようがありませんでしたね。

と、今回はじめて食べた辨松(べんまつ)のお弁当に驚いたのでレビューさせていただきました。

もし食べたことがないようでしたら、一度食べてみてください。

かなり好き嫌いが別れる弁当だと思いますが、気に入る人は気にいると思いますよ。