ANAのチェケラな「新」機内食  2015/09より

9月からANAの機内食が少し変わるようです。


スクリーンショット 2015-08-27 17.16.40

まずは国内線の現在のおさらいから。

羽田発便は料亭「よし邑(よしむら)」からのエントリー。こちらはたまに搭乗する羽田からの帰りのプレミアムクラスで食べますね。

gozen-class-multi-20150522-05

gozen-class-multi-20150522-06

伊丹発便は料亭「柏屋」よりエントリー。 

gozen-class-multi-20150522-09

gozen-class-multi-20150522-08

 

千歳発便からは料亭「潤花(るか)」よりエントリー。

個人的にはこれがすごく美味しそうに見えます。

gozen-class-multi-20150522-12

gozen-class-multi-20150522-13

福岡発便からは料亭「洗心」よりエントリー

gozen-class-multi-20150522-16

gozen-class-multi-20150522-15

2015年9月からの国内線プレミアム御膳

15-057-2

羽田発 日本料理 幸庵
伊丹発 日本料理 子孫
千歳発 円山鳥居前 むな形
福岡発 味 竹林

9月からのプレミアム御膳はこのようにコラボレーションパートナーが変更となります。

プレスリリースに掲載してある写真が小さすぎて詳細がわかりにくいですが、

「秋」の素材を活かした各地の日本料理店との新たなコラボレーションメニュー

と記載があり、秋の旅行が楽しみになりますね。

個人的には羽田発の幸庵の弁当が「れんこん」が入っているので好みです。日本料理の弁当にれんこんが入っていないとテンションが下がりますw

また期間限定となりますが、2015年9月1日〜11月末予定で、日本橋千疋屋総本店のぶどうジュースのサービスが開始になります。私は機内でアルコールを飲まないので、こういう商品の提供は非常に嬉しいです。

千疋屋総本店ぶどうジュース

スクリーンショット 2015-08-27 17.09.33

一方、国際線の機内食のプロデュース陣にも変化があり、2015年9月から、ザ・コノシュアーズメンバーに新たな4名のパートナーが加わり、新しい機内食の開発に取り組んで行くようです。

ザ・コノシュアーズとは、ANAのサイトの引用になりますが、以下の様な意味を持つそうです。

※「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」とは

■ 著名シェフおよびお酒やコーヒーのプロフェッショナルに加え、ANAシェフチームで構成される メンバーにより、ANA国際線 (日本発)、国内線プレミアムクラス(一部)のお食事・お飲み物をプロデュース。

■ CONNOISSEURSは「その道を極めた目利き・匠」をあらわす言葉です。

今回新たに加わる食のプロフェッショナルの方々は以下のとおりです。

15-058-1 徳岡 邦夫氏

「京都吉兆」総料理長

2016年3月~ 日本発欧米路線
ファーストクラス 軽食メニューをプロデュース予定

15-058-2 リオネル・ベカ氏

「ESqUISSE(エスキス)」シェフ・エグゼクティブ

2015年12月~ 日本発欧米・シンガポール路線
ファーストクラス 洋食メニューをプロデュース予定

15-058-3 アルバート・ツェ(謝 偉城)氏

「チャイナブルー」料理長

2015年12月~ 成田・羽田空港の国際線ANA SUITE LOUNGE内
中国料理をプロデュース予定

15-058-4 アンドレア・イリー氏

illycaffe S.p.A. 社長 兼 CEO

2015年9月~ 日本発着欧米・シンガポール路線ファーストクラス
コーヒーをプロデュース予定

もうなにか漫画のような世界になってきていますね。

私の中での注目は、国際線ANA SUITE LOUNGEの中国料理を担当されるアルバート・ツェ氏です。アルバート・ツェ氏のコレまでの経歴として、

シンガポールの5つ星ホテル「フォーシーズンズ・シンガポール」の広東料理レストラン「江南春」で料理長を勤めた後、コンラッド東京・中国料理「チャイナブルー」料理長として2005年の開業準備から参画。

<チャイナブルー>
2007年から「ミシュランガイド東京」で6年連続1つ星を受賞。
クリエイティブで洗練された広東料理の数々を斬新なプレゼンテーションで届けている。

が挙げられ、ANAダイヤモンド会員であれば無料で利用できるというのは非常に嬉しいと思います。

大阪に住んでいるため、羽田・成田から海外に行くことは無かったのですが、こういうサービスを提供してもらえるのであれば、ちょっと寄り道して海外に行くのもいいかもしれませんね。