ビジネスホテルの朝食バイキング – テクニック3選

みんな楽しい朝食バイキング!

みなさん朝食バイキング楽しんでますでしょうか。

私は、最近は太るという理由から、あまり朝食バイキングがセットになっているプランを選ばないようにしています。

わかっていてもついつい食べ過ぎてしまいます。

そんな私が編み出した(一般にも知られているかもしれませんが)3つのテクニックを伝授いたします。

メニューを熟知しておく

わりと疎かにしがちなメニューの予習。

これはビジネスホテル以外の朝食バイキングでも言えることですが、メニューの予習なしに満足な朝食バイキングは得られないと言っても過言ではありません。

なぜなら自分が食べるもののプランを立てられないからです。

朝食バイキングの場合、全てが食べ放題になっていますので、目の前にあるものが好物で無くても皿に取ってしまいがちです。

しかも行列ができていて後ろで待っている方にも気を使ってしまって、余裕を持って皿に入れていくというのはやりにくいものです。

ですので予めメニューを知っておき、絶対食べるものと、余裕があれば食べるものに分類しておきましょう。

基本的には、夜に食べたご飯の量や種類を元に、翌朝にバイキングで食べるメニューを組み立てます。

そしてさらにメニュー同士の組み合わせも予習するということも大切です。

例えば、

  • 明太子
  • 生卵

が単品であることが事前にわかっているのであれば、これを組み合わせて、

  • 明太釜玉風卵かけごはん

というのを新たに作ることができます。

メニュー同士の組み合わせ技については、同じホテルに何泊もして、ご飯に飽きてきた時にする上級技なので、普段はあまり使うことは無いと思いますが。

全ての料理の並びを一通り確認してから取り始める

朝食バイキングの会場に行くと、往々にして順番待ちの列が出来上がっているものです。

しかし、会場に入った直後に(もしくは食事中を示すプレートをテーブルに置いた直後に)列の最後尾に並ぶのはやめてください。

なぜなら、昨晩の予習で「絶対食べよう」と思ったものが、列の中でどれくらい先にあるかわからない場合、もっと手前に置かれている「余裕があったら食べよう」と思っていた料理から取らざるを得ないからです。

そうなると、もう皿の上は大混乱です。

絶対食べようと思っていたものが取れるタイミングになったときの皿の上を見てください。それ以上盛ることができなくなっていませんか?

これを防ぐために、全ての料理をまずはチェックします。どこにどの料理が、ドリンク類は、デザート類は、と全てをチェックします。

そして皿に取る量を頭の中で組み立てて列に並びましょう。

そうすれば、思った通りの量の料理が皿の上に盛られることになります。

その皿をもってテーブルへ向かい、大満足の朝食バイキングを食べましょう。食べ終わってまだ余裕があれば、次は好きなものを少量ずつ取りに行きます。

大皿は使わず小皿を使う

バイキング会場の列の最初に置かれている皿は、大皿もしくはプレートの場合が多いです。

しかし、これらの大きな皿を使うのはやめましょう。

朝食バイキングの極意は、一番小さい皿を大量に使うことにあります。

最初の2つのテクニックは忘れて頂いてもいいというくらい重要です。

なぜ大きな皿を使わ無い方がいいのでしょうか。

それは以下の理由によります。

  • 大きな皿に違う料理を盛ると味が混ざる
  • 味が混ざらないように綺麗に盛り付けをしている暇がない(列に並んでいるため)
  • かと言って1つだけの料理だと寂しい

これを避けるには1枚の小皿に1品ずつ、多くても2品までという制限で、どんどん皿を使って料理を少しずつ取っていくことです。(メイン1品だけは大皿に盛ります)

醤油皿を使っても構いません。

こうやって盛り付けると、すぐにお盆がいっぱいになるので、一度テーブルに皿を置いて、再度料理を取りに行きます。

私の場合は、再度料理を取りに行く場合は、お盆を持たずに新しい皿だけを持って料理を取りに行きますそちらの方が身軽に移動できて、列の空いているところにサッと入って、サッと出ることができるためです。

こうして集めた料理をテーブルの上に並べてみてください。

大皿に凝縮させて盛ったバイキングとは違い、20品を超える小皿がテーブルの上に並び、非常に豪華な印象を受けることでしょう。(片付ける人は大変ですが。。。)

この方法だと、どんなにセンスのない人でも、料理を取るのが不器用な人でも、豪華で綺麗に料理を並べることができます。

そして、一皿一皿に盛る量が少ないので、食べる量の調整ができます。

この方法は是非おすすめですので、やってみてください。

ただし、セルフサービスで片付けないといけない朝食バイキングには不向きですw