「つきじ鈴富 マグロ丼」と「亀戸升本 千石弁当」を食らう

最近朝昼晩とおにぎりだけしか食べていないことが多かったので、今日はコスパが高くて美味しい会社の補助弁当を食べることにしました。

社内販売としてデパ地下の1,000円前後の弁当が全品500円に値引き販売されていて、すごくテンションが上がる弁当です。

いつも1,000円を握りしめて弁当を2つ買うわけですが、今日はマグロ丼弁当と、以前も食べたことのある亀戸升本の弁当を購入しました。

まず頂いたのは「つきじ鈴富」のマグロ丼です。

赤身のマグロ(ヅケではない)がたくさん乗ったマグロ丼で、ご飯は酢飯が使われています。これにわさび醤油で食べるわけです。

IMG_20151120_120020

私は昔から赤身のマグロが好きなのですが、スーパーの解凍マグロだと味がスカスカのものがあるのですが、当然といえば当然ですがこちらのマグロ丼は赤身にしっかりと濃い旨味が入っており、いかにもマグロという食べごたえでした。

マグロ丼にすると手前にある中落ちの存在感が増してきますね。切り身(こそげ落とした身)のサイズが一口サイズになっているため、ご飯と一緒に食べるにはちょうどよく、酢飯と合わさって寿司のような感じで食べることが出来ました。

美味しいマグロ丼を食べようと思えば、お店に食べに行けば良いわけなのですが、こういう弁当形式で美味しいマグロ丼が「どこでも」食べられるというのが良いところだと思いました。

さて、マグロ丼を頂いた直後に、さらにもう一つの弁当を食べていきます。

こちらは「亀戸升本」の千石弁当という弁当で、写真中央上部にあるカップに入っている「亀辛麹」と、写真右下のご飯に載っている「亀戸大根」を名物にしているお店の弁当です。

IMG_20151120_120533

久しぶりに食べてみましたが、ちょっと味が濃く、2つ目の弁当としてはちょっと食べるのがきつかったです。

しかしやはりこの亀戸大根は絶品で、これを食べるために弁当を買ってもいいくらいですね。

ちなみに以前食べた亀戸升本のお弁当はこちら(小望月弁当)でして、本日食べたもの(千石弁当)のほうが、ちょっと量が多い気がしました。

今回は久しぶりに会社の補助弁当を買いに行ったのですが、やはり秋になって弁当の構成が変わっているようですね。

近いうちにまた利用して、美味しいお弁当があればレビューしたいと思います。