僕の当面の課題:月間労働時間360時間を乗り越えるには

今年の前半は、東京滞在日数も減って、自宅勤務という労働環境を手に入れたので、ちょっと一息ついていたのですが、8月以降、また激務(?)が始まりました。

嬉しいことにサラリーマンでありながらも、いろんなお客さんから声を掛けていただいて、本当に自分だけでは回せないほどのお仕事頂いていまして、毎日毎日仕事しかやっていない状況です。。。

そのおかげで、月間の労働時間が360時間を超えてきまして、労死ラインを大きく超えてますねw

いわゆる過労死ライン(https://ja.wikipedia.org/wiki/過労死ライン)は「6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働」ということで、僕の場合はさっくりと計算すると、

360時間 – (8時間 * 20営業日 + 時間外労働80時間) = 120時間

と、過労死ラインよりも120時間も労働時間が多いという結果に。

現状ではこれが6ヶ月以上続く予定です。。。

僕としても「過労死」というのは意識はしていて、たとえ好きなことを仕事にしていても、知らず知らずのうちに体力的な面で大きな負荷になっているケースも考えられます。

これを乗り越えていくにはどうしたら良いのでしょうか?

以下は、月間労働時間360時間をこなすための僕なりのやり方です。

仕事中に昼寝するべし

仕事をしていると、昼間にものすごい睡魔が襲ってくるときがありますよね?

あの状態で仕事をしていても進まないのはわかっていますし、そもそも体が睡眠を求めているのに眠らないなんてありえないです。だから僕の場合は居眠り時間をちゃんと取るようにしています。

「自宅勤務だから居眠りできるんじゃないの?」

なんていう声が聞こえてきそうですが、会社のオフィスの自分の座席でも余裕で1時間くらい眠ってますw そちらのほうが効率が良いからです。寝た分は取り返すようにします。

時間関係なしに食事するべし

多くの会社では「昼休み」に食事をすることが普通だと思うのですが、あれはやめたほうが良いです。

ハッキリ言っておくと、個々に食事に最適な時間はバラバラです。なので、昼休みに一斉に食事をするなんて馬鹿げたことはやめたほうが良いです。会社都合に合わせて寿命を短くする必要なんて無いですよ。

僕の場合は、基本的に11時に朝食、16時くらいに昼食を取りますね。

それで一番パフォーマンスが出せます。コンビニなどでも人が多い時間帯を外せるので、時間の節約にもなります。

定時後は軽く酒を飲んで仕事するべし

あとは自宅勤務のとき限定ですが、定時を過ぎたら、お酒を飲みながら仕事をしますね。

リラックスして仕事ができるので本当におすすめ。過酷な労働に耐えるコツがこれですw

ただ、飲みすぎるとチャットではしゃぎ過ぎて、酒飲んでるのがバレますw

ちなみに、ノンアルコール飲料も若干のアルコールを含んでいるので、オフィスであれば、ノンアル飲料を飲んで、微妙にほろ酔いで仕事するのもありです。

移動はプレミアムクラスにするべし

それ以外にも、飛行機は全てプレミアムクラスに乗ることにしました。これまで何年も普通席で出張を続けてきましたが、毎週乗っていると絶対に寿命が縮まると思ったからです。1週間に2時間ほど、無駄にストレスを掛けられる時間が発生するわけで、それを避けるべきだと。

高いと言っても、プレミアム特割で乗れば東京大阪間であれば、普通席の割引料金に4000円~5000円を足しただけで乗れるので、飛行機に乗っている1時間の間に仕事をすれば元をとれますからね。

金でモチベーションを保つべし

色々と健康にも気を使って360時間という労働を続けているわけですが、やはりいちばんのモチベーションの決め手は「お金(おかね)」ですねw

労働者としての視点での話ですが、自分の好きなことしていようがなんだろうが、結局自分の時間を売って金に変えているわけでして、その時間単価をいかに高くするかは、現時点では一番集中するべき点です。

つまり現状では「時給=自分の価値」なわけで、これを高めていくのが労働者としてのモチベーションになります。

なお、僕の職種であるエンジニアの時給というのは大体5000円くらいが一般的なのですが、これは360時間という労働時間の対価としては、結構ギリギリじゃないかと個人的には思っています。360時間働くのでも時給5000円と時給1万円では全然違ってきますからね。ぜひ時給1万円とか2万円を目指してモチベーションを高めたいものです。

毎日好きなものを食うべし

やっぱり毎日好きなものを食べるというのは良いですよ。ストレスがたまらん。

僕の場合は餃子。市販のものも食べますし、自宅で手作りのやつは本当に美味しいです。

栄養バランスも良くて、炭水化物、肉、野菜がベースとしてありますので、プラスアルファ野菜類をもう少し何か食べるだけで良いわけです。ちなみにおすすめの餃子の味付けは五香粉(ごこうふん・ごこうこ)を餡に入れたものです。ウーシャンスパイスとも言います。八角の香りがするので苦手な人は苦手ですが、酒にむっちゃ合うので、自宅での手作りの時はもっぱら入れてますね。

ぜひ、健康に良い、好きなものを毎日食べてください。

そうすれば絶対に長時間の労働にも耐えられるはずです。

というわけで、僕なりの360時間労働の前向きな過ごし方を紹介してみました。

本当に実際に僕がやっている内容ですよ。

まあ、最後に一つ言っておくと、やっぱ自分の好きなことをすることですよね。

好きなことであれば、そもそも360時間の労働時間というのが、労働じゃ無くなるわけですしw

僕もその領域を目指して、頑張っているところです。

引き続き、出張とホテル宿泊を続けてブログを書いていきます。

ではまた。